7.「シオリちゃんの心の声」の巻き

いつものお人形の日常劇です。


前回の続きです。(前回のお話コチラ★



☆これまでのお話の流れ☆

神戸くんとシオリちゃんは、同じ建物の中の、
同じ階に住んでいて、お互いに淡い恋心を抱いています。

なかなか会えない日が続き、会いたいなぁと、
会えたら嬉しいんだけどなぁ~と、
ふたりともが、心の中で思っていました。

でも、好きな気持ちがバレないように、加速しないように、、
ポーカーフェイスで隠している神戸くんとシオリちゃんでございます。

けれども、別の誰かと親しそうに、楽しそうにしてると
羨ましかったり、なんだか不愉快な気分になったり
し始めているみたいです。
今までには、そんなことはなかったみたいです。





シオリ
『 はぁ… 私、妬いてるんだ… 嫉妬なんかしても仕方ないのにな。
せっかく久しぶりに顔が見れたのに。
でもー、なんか…距離が近かった。
リカちゃんやジェニーや私にも、神戸くんはいつも優しいけど、
オリビアさんには、なんかちょっと違うっていうか…。
壁がないっていうか…。 』







シオリ
『 それに、オリビアさんとは、あんなかわいいトースト食べるんだー?
スヌーピーとウッドストックの模様のー。
私やリカちゃんが朝ごはん食べてても、
”オレはコーヒーだけでいいよ”とか言ってー。
なのにー。 スヌーピーのかわいいトーストは食べるんだー。
オリビアさんとは食べるんだー。 』







シオリ
。o 0( 知らないっ 知らない知らない知らないっ!! )


テクテク テクテク


*

*

*




ヨン様
『 うんー? どうした~、暗い顔して~^^ 』






シオリ
『 おはよう、ヨンジュンさん。 この顔でいつも通りだよ。 』






ヨン様
『 いつも通りじゃないよ~^^、可愛い顔がモヤモヤしてる~^^ 』



つづく
*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*

6.「ヤキモチを妬く」の巻き

いつものお人形の日常劇の

前回の続きです。(前回のお話コチラ★




☆お話の補足情報☆

オリビアさんは、片思い中のヨンジュンさんの前では
緊張してしまいますが、どうやら神戸くんのことは、
男性としては好みのタイプではないようでして、
気を使わずに、気を楽にして、
まるで妹のサラちゃんと居るときのような感覚に、
いつのまにか、なっているみたいです。






神戸くん
。o 0( 早く片付けてシオリさんに座ってもらおう…。
 とりあえず、先にキッチンペーパーで拭こう…。 )







オリビアさんの袖が今にも、コーヒーに付きそうだと気が付く神戸くん。






オリビア 『 ん? 何? 急にボディータッチか? 』

神戸くん 『 そでっ!! そっちも!! 』







シオリ 『 …… 』

オリビア 『 え? そで? 袖がどしたん、あ、コーヒーにつきそうだった? 』

神戸くん 『 だからそっちもっ!! 』







オリビア 『 おおお~ 』

神戸くん
『 ”おおお~”じゃなくてっ!! 』







オリビア 『 神戸くんって、なんか妹のサラに似てるかも~ 』

神戸くん 『 そりゃどうも 』







オリビア
『 先回りするっていうか、世話好きっていうか 』

神戸くん
『 お言葉ですがオリビアさん、オレは世話好きじゃない 』







オリビア
『 ”世話好きじゃない”と言葉では冷たく言う、
”でも世話を焼いてくれる”ということは… 
”オレは世話好きなんじゃない。オレが世話を焼くのはオマエだけだからな!”
って変換するツンデレ告白??
えぇえ?! 私のこと好きなの?!







扉の向こうから聞こえる神戸くんの声
『 違うわっ! 先回りしないと大惨事が収束しな… あれ…? シオリさん…? 』



つづく
*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*

続きのお話コチラ★→【 7.「シオリちゃんの心の声」の巻き

5.「シオリちゃん(´・ω・`)ショボーン」の巻き

いつものお人形の日常劇です。



☆前回のおさらい☆

オリビアさんがコーヒーを盛大にひっくり返してしまい、
神戸くんが慌てていたところへ、
シオリちゃんがやってきたのでした。

神戸くんと会いたかったシオリちゃん。
久しぶりに会えて嬉しいはずが、当の神戸くんはオリビアさんと
”ふたりで仲良く朝ごはんを食べていて、コーヒーをこぼし、
ワチャワチャしてる”ように見えたようです。

あろうことか、オリビアさんを”気さくで綺麗なおねえさん”と
  誤認  認識しているシオリちゃんは、
親しげに見えた2人の様子にションボリしているのでした。

(前回のお話コチラ★





オリビア
『 シオリさん、おはよ~。 どうぞ、座って♪
神戸くんと朝ごはん食べてたの^^
ちょっと、今こんな状態だけどね、どうぞ、くつろいでいって♪ 』






シオリ
『 そう…。 ええ、ありがとう、オリビアさん。 あ…、 コーヒーが大変なことに… 』






オリビア
『 あ、これね、なんかね、なんでだろうね?
神戸くんが大惨事なんだけど、気にしないで♪ 私は平気よ^^ 』






神戸くん
。o 0( 電池が切れる前の記憶はないのか? 誰のせいで大惨事なんだよ。
オレが平気じゃないわっっ。 )

オリビア
『 大丈夫、心配しないで♪ 今から拭くところだから。 神戸くんが。 』

神戸くん 『 オレがかよっっ 』







神戸くん
『 服が汚れるといけないから、シオリさん、ちょっと待って、すぐに片付けるから。 』






シオリ
。o 0( なんか、邪魔しちゃったのかなぁ… 私の出る幕は、ないかもしれない… )




つづく
*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*

続きのお話コチラ★→【 6.「ヤキモチを妬く」の巻き
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07 09
Profile

amu

管理人:amu

リーメントや食玩、ガチャポンなどのミニチュアが好きです。
2015年に突如、リカちゃんやジェニーちゃんなどのお人形で遊びたい気持ちが再燃。
大人になった今、お人形遊びの続きをやり始めることにしました。

リカちゃん購入を機に、2015年8月1日からブログを始めました。
InstagramやTwitterはしてません。

Recent Entries
RSS
月別アーカイブ
カテゴリ
 
検索フォーム
RSSリンクの表示
Blogリンク
参考リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: