8.「一方その頃キッチンでは」の巻き

いつものお人形の日常劇の、

前回の続きです。(前回のお話コチラ★


☆前回からの流れ☆

こぼれたコーヒーと、オリビアさんに手を焼いていた神戸くん。
気がついたらシオリちゃんが退室していました。

追いかけるほど何かがあったわけでもなく、
朝の短い時間の出来事。(←開始からカレコレ1ヶ月半経つけどな(゚A゚;))

出かける時間が来て急いでいただけかもしれないし、
元気がなかった気もするし、…と、
神戸くんは、シオリちゃんのことを考えているのでした。





オリビア 『 神戸くんは彼女いるの? 』

神戸くん 『 いないよ。 』


オリビア 『 なんで? 』

神戸くん 『 ”なんで?”って言われてもっ 』


オリビア 『 ふーん、モテないの? 』

神戸くん 『 ああ、モテないよ。 』 ←謙遜



オリビア
『 えー、ホントかなー、モテそうな気がするけどなー。
そうか! 確かに表情がなんか硬いからねー。 あと暗いんじゃない?
それでモテないだよきっと。 たぶんそうだね。
そこを直したらモテるよ絶対。 知らないけど。 』

神戸くん 『 ”知らないけど”って。 』

神戸くん
。o 0( シオリさん、ほとんど話さないまま、部屋に戻ってしまった。
出掛ける時間になって急いでいたか、
元気がなかったような気もする。 )







オリビア 『 好きな人は? 好きな人いる?? 』

神戸くん 『 いないよ。 』


オリビア
『 えー、嘘だねー、ホントはいる? いない? 誰? はっはーん!私っ… 』

神戸くん 『 違う。 』







神戸くん
。o 0( 今、思い返すと、シオリさん、何か言いたいことがあるのに、
それを心に封じ込めているような表情だった、そんな気もする…。
それが何なのかは、検討もつかないけど。
困ってることでもあるんじゃないか。
オレは、シオリさんのこと、何も知らないな。

… いや、… 考えすぎか。
来たい時にここへ来て、戻りたい時に部屋に戻る。それだけのこと…
いずれにせよ、考えても推測の域を出ない。 )







神戸くん
『 オレはもう部屋に戻るけど。 キミは? 』

オリビア
『 あ、じゃあ、私も部屋に戻る戻る♪ 行こう行こうー♪
トースト2枚も食べたらさすがにお腹いっぱいだよねー♪ 』


神戸くん
『 ”だよねー”って、オレは食べてないし、コーヒーも飲んでない。 』

オリビア
『 気のせいだよきっと。 行こう行こうー♪ 』



使った食器を全部洗って、

オリビアさんとキッチンを出る神戸くんなのでした。



つづく
*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*
続きのお話コチラ★→【 9.「一方その頃、廊下では」の巻き
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10 12
Profile

amu

管理人:amu

リーメントや食玩、ガチャポンなどのミニチュアが好きです。
2015年に突如、リカちゃんやジェニーちゃんなどのお人形で遊びたい気持ちが再燃。
大人になった今、お人形遊びの続きをやり始めることにしました。

リカちゃん購入を機に、2015年8月1日からブログを始めました。
InstagramやTwitterはしてません。
ここの他にブログはしてません。

Recent Entries
RSS
月別アーカイブ
カテゴリ
 
検索フォーム
RSSリンクの表示
Blogリンク
参考リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: